会社設立代行を士業に依頼する場合の各特徴や費用

会社設立時にあたって、登記手続きなどの業務を士業に委託される方も多いかと思います。

代行を行っている主な士業について、それぞれどんな特徴があるのか、またおおよその費用相場についてみていきましょう。「司法書士」・・・税務や会計などの相談は不可能ですが、登記の代行を依頼できるのはこの司法書士だけです。行政書士や税理士に依頼した場合は、登記に関しては司法書士が間に関与している場合も多いです。煩雑な手続きの中でも特に登記が面倒だと感じる場合には、司法書士にお願いするのが一番無難でしょう。費用相場は10万円から15万円程度です。

「税理士」・・・税務や決算の専門家ですので、事業の許認可申請手続きや登記についてはあまり詳しくありません。その為申請手続きに時間を要する可能性があります。費用相場は5万円から10万円程度です。「行政書士」・・・許認可申請手続きが出来る点が特徴です。ただ、税務に関する知識がないのと、登記について詳しくないため税理士同様、登記の過程で時間がかかる可能性があります。平均費用は10万円程度といわれています。

このように会社設立を代行している士業の得意分野はそれぞれ異なっているため、各士業がそれぞれ連携している場合も多いのですが、依頼する際には自社のニーズにあった先を選ぶことが一番、間違いないでしょう。例えば、登記をメインに依頼したい場合は司法書士、許認可手続きが必要な業種であれば行政書士、会社設立時だけではなく、ゆくゆくは税務申告などの相談も考慮に入れるなら税理士にお願いするという選択方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *