代行を利用して会社設立をする利点

会社設立をするのには手間がかかります。

それを簡単にすることができるのが、代行業者を利用することです。これは、行政書士や税理士、弁護士などの士業がやっているほか、それを業務としている会社が士業と提携して行っているサービスです。定款は権利や義務に関する文書なので、それができる士業しか作成できませんので、会社として請け負っている場合でも内部に士業が在籍しているか、提携して作成してもらう形になります。安く会社設立の代行をしている会社も多いです。

中には無料としているところもあります。もちろん、格安や無料でやっているのには理由があり、別のサービスを利用することが条件です。例えば、会計ソフトを提供する会社が、そのサービスの定期利用をすることを条件に安く代行していることは多くなっていますし、士業が顧問契約を結ぶことを条件として安くしているパターンもあります。会社設立には定款の作成が必要ですが、代行している所でも作成に必要なテンプレートやツールは無料で使われてくれていることがあります。

もし自分で作成するならば、これらを活用すると簡単に作れます。必要な書式や記入しなければならないことは法律で決まってますが、テンプレートを活用できるなら、あまり法律に詳しくなくてもそれに従って作っていけばよいため、あまり苦労することなく作ることができます。定款の認証の仕方や登記申請書類の作成などの情報も、調べればネットで出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *