電子定款を作成するときの流れ

紙の定款を作成するときには、印紙税法という法律によって、4万円の印紙代がかかることになっています。

ところが、電子定款は印紙税法上、文書扱いにならないので4万円の印紙代はかかりません。会社を設立するときには紙の定款とどちらかを選ぶことができますので、電子定款のほうを選ぶことで4万円を節約できます。一度認証申請をしてしまうと訂正・再申請には手間がかかります。株式会社の場合には5万円の申請料を支払うことになるケースもあるので、専門家に代行をしてもらったほうが安全です。自分で電子定款を作成する流れですが、まずは清書した定款をPDFに変換します。

次に、電子証明書を市区町村の交付窓口で取得します。その後、ICカードリーダライタで電子証明書を読み込み、それを電子定款に埋め込み、そしてオンライン申請システムに送信という流れです。このように、作成自体はとても簡単なので、自分でやってしまってもいいのですが、器具やソフトの準備にお金がかかります。特に「adobeacrobat」というソフトの購入にお金がかかるそうです。

電子定款の作成で失敗してしまうと再申請で手間がかかったり、お金がかかったりするので、司法書士や税理士などの専門家に代行をしてもらうのが安全でしょう。後でトラブルになる可能性が減ることも考えると、かえってコストの節約になります。最近では「adobeacrobat」が月額プランで利用できるようになっていて、自分で作成してもかかるコストが減っていますが、それでも専門家に代行してもらうほうがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *