電子定款には電子署名

電子定款には電子署名が必要となります。

しかし、電子署名と言っても何のことか全く分からないという人が多いのではないでしょうか。コンピューター関係の書籍や解説書などには電子署名について書かれたものもありますが、極めて複雑で専門用語も多く、一般の人が普通に読んですぐに理解できるようなものではありません。ですが、電子定款に電子署名を使うためには、内容を理解していることは必ずしも必要ではありません。電子定款に押す電子署名とは、簡単に言えば本人固有の電子データだと思えばよいでしょう。

これを、署名したい電子ファイルに入れることで、その文書のプリントアウトに印鑑を押したのと同じような効果を得ることができます。つまり、確かに自分が作成したものであるということを後になって示すことができるわけです。ただし、これを達成するためにはいくつかの条件が必要になることも容易に想像できるでしょう。例えば、誰か他の人が自分の使っている電子データと全く同じものを使っていてはどちらが作成したものか証明のしようがなくなります。

印鑑の場合は、とくに重要な書類に押されるようなものは手作りですので似ているように見えても細かいところで差異が生じるものですが、電子データの場合は一致するとは完全一致になってしまいますから、物理的に区別のしようがありません。また、電子ファイルに署名を入れたところで、簡単に削除することができても困るでしょう。このようなことが起きないようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *