電子定款には電子の署名

電子定款には電子の署名が必要です。

紙で作成する定款の場合にも、確かに本人が作成したものということを証明するために印鑑が押されることになりますが、いわばその電子版ということです。電子定款の場合でも同じように、確かに本人が作成した電子ファイルであるということを証明する必要があるためです。しかし、電子の署名といってすぐに何のことか分かる人とか、既に使ったことがあるというような人は少数派なのではないでしょうか。

これは一種の電子データです。電子定款などの電子ファイルとか、それを取り扱うパソコン上で扱えるのは結局のところ電子データしかあり得ません。そして、本人性を証明するためには、本人固有の電子データである必要があります。誰かが全く同じデータを使っていたりしては本人性を証明することができません。普通の印鑑の場合は、本人性を確実に証明するためには印鑑証明を取るという形になりますが、電子の署名の場合は公的な機関から本人固有の電子データをもらうという形を取ります。

そして、この電子データを電子定款のファイルに結合させるということになります。ちょうど、紙の上に朱肉で印鑑を押すことに相当します。朱肉で押した印鑑は容易なことでは消したり、他の印鑑を押し直したりということができませんが、電子の署名の場合であっても同じ要件は満たす必要があります。つまり、容易なことでは結合を外したり、他人の伝データで上書きすることはできないようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *