電子定款の作成について

電子定款というのは普通に考えるほどには作成が容易なものではありませんので、注意が必要です。

ちょっと考えると、コンピューターのワープロソフトで作るだけ電子定款になるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。というか、今の時代、初めから紙面にボールペンや万年筆などで定款を書き始める人などいないでしょう。たとえ最終的には紙面にする場合であっても、ワープロソフトは使っているはずです。

それで電子定款になるのであれば、誰も紙面での定款など作成しないはずです。そうではないということは、単にワープロソフトで作成するだけでは認められないということでもあるのです。紙面の定款にしても、捺印しなければ効力を有さないでしょう。それと同じことが電子的に作成した定款の場合でも当てはまります。というか、そのようにしないことには怖くて定款など作成できません。誰でも自由に作って差し替えられるとか、追記修正削除が自由にできては困るということくらい気づくはずです。

そのようなことができないよう、単にワープロソフトで作るだけではなく、そこに電子的な捺印ができるようにしなければなりません。電子的な捺印と言って何のことか、どうすれば良いかがすぐに分かる人は少数派でしょう。これができる人であるか、あるいはそのための専門家の知識を借りることのできる人でない限りは電子定款は簡単には作成できないということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *