電子定款とは何なのか

会社を設立する場合に絶対に必要になるものに定款というものがあります。

これは設立する会社の根幹となる規則が書かれていて、この定款を公証役場で不備がなくて法令に則っているのか確認してもらい、確認が取れれば認証してもらえます。そして認証されたものを法務局で登記申請して受理された後、記載されていた資本金を入金すれば終了します。そのため定款がなければ会社設立ができないということですが、作成の様式は従来の紙媒体を使ったものと電子記録ができるCDロムなどを使って行う電子定款があり、どちらで作成してもいいことになっています。

この電子定款のメリットはデータを送信すれば関係者にその内容を知らせることができますし、紙媒体のようにかさばることもないので整理が簡単にできます。しかも紙を使ったものの場合には4万円の収入印紙が必要になりますが、電子定款ではその収入印紙が必要ありません。そしてデータをSDカードのような記録媒体に取り込めばどこでも確認することができ、必要な時に必要な場所で取り出せるという手軽さが可能になります。

デメリットは作成するためには専用のソフトや機材が必要になり、そのソフトだけで紙で作成した場合に必要になる収入印紙の代金よりも高くなってしまいます。安く済ませたいのであれば行政書士に代行を依頼すればソフトを買わなくて済みますし、専門家なので書き直しもしなくて済む可能性が高いので手続きが速く終わるのでしょう。会社を設立する場合で最も手間がかかるのがこの定款の作成なので、自信がないのであれば専門家に依頼する方が最適だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *