電子定款を利用するときのポイント

電子定款の利用するときのポイントは、作成するための費用を抑える、または無駄にしないことです。

電子媒体を使用して認証手続きを行うため、通常よりも作業が追加になります。また、ツールが揃っていない場合には費用も掛かります。このツールを今後使用する予定がある場合は意識しなくても良いですが、作成するときしか利用しないのであれば購入せずに他の方法を検討した方が良いでしょう。必要になるのが署名挿入機能付きのPDF変換ソフトです。

3万円以上するもので、月額制のものだと1か月の料金は安くなりますが、年間での契約になるのでやはり出費は大きいです。また、署名として使用するマイナンバーカードの電子証明書を読み取るためにICカードリーダライタも必要になります。これは安いものなら2000円程度のものがありますが、全てを揃えると印紙代とほとんど同じになるのでメリットがなくなります。さらに、ツールを揃えるだけでなく電子定款への変換作業も行う手間もかかるので面倒です。

ツールまで揃えて変換に失敗するケースもあるので注意が必要です。これらを考えると電子定款を利用するときには自分で全ての作業をするのではなく、専門家に依頼することも検討すると良いでしょう。安価で対応しているところが多く、印紙代よりも安くなります。会社設立に関するアドバイスなどもしてもらえるメリットがあるため、自分で対応するよりも便利に電子定款を利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *