電子定款の変更について知っておきましょう

会社を作る時には誰もが定款を定める必要があり、株式会社の場合には作成した定款を公証役場で定款認証手続きを行わなければなりません。

公証役場とは公証人が在籍している役所、立ち上げる会社の本店住所を管轄としている役場での手続きが必要です。定款は従来手書きが一般的でしたが、最近はパソコンの普及などに伴い、電子データで定款を作成して、それを印字した上で、印紙などを貼り付けて定款認証を行うケースが多くなっていますし、電子署名を可能にしている場合などでは電子定款で認証手続きを行うケースも少なくありません。電子定款は電子データで作成したものに、証明書でもある電子署名を付与したものとなります。

事前に公証役場と打ち合わせを行うなどして認証手続きを行えば、短期間で会社設立のチャンスも出て来ます。電子定款は電子データデノンやり取りになりますが、認証を終えた時には定款データを受け取りに公証役場に向かう必要があります。定款は会社にとってとても重要な書類ですから認証を得た電子定款は大切に保管しておかなければなりません。定款は会社の基本的ルールが記されているもので、本店住所や称号、資本金などが記載してあります。

会社の移転や社名の変更、資本金の増資の時などは定款の変更が必要になります。電子定款の場合でも変更点を別紙に記載を行うことで可能にしており、電子データでもある原本を修正するのではなく、どこに変更があるのかを明確にした書類を作成すれば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *