電子定款の作成について

電子定款とは定款を電子的にしたものですが、これは単にパソコン上のワードファイルであれば電子定款になるというような意味ではありません。

そもそも、今の時代、電子定款ではなく紙の定款であっても、本当の意味で紙にペンで書いて作成するような人はいないでしょう。作成の過程ではまず間違いなくパソコンで、ワードなどのワープロアプリを用いて作っているはずです。それを最終的には紙に印刷して捺印の上で完成させているから紙の定款になっているに過ぎず、途中にワードの電子ファイルがあるかどうかは無関係です。

電子での定款が認められるためには、紙の上に朱肉で印鑑を押すのと同レベルの要件が求められています。これを可能にするのが電子署名と呼ばれるものです。これは、本人だけに固有の電子データを当該ファイルに付与し、通常の手段では切り離せないようにすることで確かに本人が確認したものであることを証明することができます。ちょうど、印鑑が本人のみが管理しており本人以外は勝手に押すことができず、また一度押してしまえば取り除いたりすることができないことに相当しています。

このような電子署名を可能にするためにはいくつかの準備が必要です。まず本人固有の電子データですが、これはいわゆるマイナンバーカードを持って役所に行ってそこに入れてもらう必要があります。また、そのカードデータを当該ファイルに付すためにはそれができるアプリケーションも必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *