電子定款と紙定款はどちらがお得か

会社をつくるには必ず定款というものを作成しなければいけませんが、現在この定款の作成方法には、紙定款と電子定款の2つがあります。

紙でつくるのは従来からあった方法で、定款をあらかじめ作成してから公証役場に持っていき認証を受けなければなりません。電子定款は比較的最近になって認められた作成方法で、電子データーで作成してCD-ROMなどに保存しておくものです。電子の場合は定款を公証役場に送信して認証を受け、後からそれを役場へ受け取りに行きます。

紙定款と電子定款の作成費用に関しては、認証手数料や謄本交付手数料はどちらも同じなのですが、収入印紙代が異なります。紙の場合は4万円の収入印紙代が必要になってしまいますが、電子の場合はこれが必要ありません。紙で作っても電子データで作っても、これといって大きな違いがあるわけではないので、安く済む電子で作った方がいいといえますが、自分で作ろうなどと考えない方が無難です。電子定款の作成には専用ソフトウェアや機器などが必要になり、これを全部揃えると収入印紙の額を軽く超えてしまうこともあります。

電子定款の作成に対応している行政書士や司法書士などの専門家にお任せするのが一番いい方法でしょう。これらの専門家に任せた場合、だいたい1~2万円くらいの費用がかかりますが、それでも印紙代分よりや安く済みます。また専門家に任せれば、わざわざ専用ソフトなどを買わなくて済みますし、認証手続きも一発で完了する場合がほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *